ロンドンに行ってきました

2014/1/1〜2014/1/7の年末年始の休暇を利用して、ロンドンに行ってきました。海外には仕事でアメリカに行ったことしかないので、初めての海外旅行です。

結論から言うと、ロンドン旅行とても楽しかったです。 感想やアドバイスなどをまとめてみたいと思います。

準備編

旅行代理店の航空券とホテルのみのツアーに申し込んでいたので、そこら辺はお任せ。 一緒に行った相方もロンドンは初めてだったので、ガイドブックを読んで予習しました。

持って行ったのは下の2冊。 どちらの本も写真が豊富でおすすめです。特に上の本は女性向けに編集されていて、おしゃれなお店が多めでsherlock特集もあります。

6 地球の歩き方 aruco ロンドン 2014~2015 (地球の歩き方aruco)

6 地球の歩き方 aruco ロンドン 2014~2015 (地球の歩き方aruco)

ロンドン・イギリス (空旅Style)

ロンドン・イギリス (空旅Style)

余談ですが、ふたりとも英語はしゃべれません。

ツアースケジュール

全部現地時間。格安ツアーなので乗り換え有です。復路の北京で6時間滞在とかやばい。

日時 内容
1/1 8:30 羽田発 CA184便(4時間)
1/1 11:30 北京着
1/1 12:55 北京発 CA937便(11時間)
1/1 15:55 ロンドン(ヒースロー)着
1/2 自由
1/3 自由
1/4 自由
1/5 自由
1/6 自由
1/7 17:40 ロンドン(ヒースロー)発 CA983便(10時間)
1/7 11:25 北京着
1/7 17:25 北京発 CA183便(3時間)
1/7 21:35 羽田着

持ち物

食べ物がまずいという情報と劇場版けいおんの影響を受けて日本食を持って行きましたが、結局ほとんど食べませんでした。

大抵の物はスーパーで調達できるはずなので、荷物は少なくても大丈夫。 最低限必要なのは着替えと海外用電源タップとwifiルータくらい?

旅行編

飛行機

機内食食べてばっかでした。全部中華で、ライスとパン両方がついてくる謎。

あと北京での乗り換えが面倒でつらすぎる。 現地の旅行代理店も「北京経由での乗り換えはしばしばトラブルが起こる」的なことを言ってたので、ちょっと注意が必要です。

ヒースローへの到着時の天候が悪かったらしく上空で長時間待たされた挙げ句、着陸時にはめっちゃ揺れました。隣に座ってた中国系の人によるとヒースロー着陸時はいつもこんな感じで揺れるらしいです。

気候

冬は寒そうなイメージでしたが、東京と同じくらいかそれより暖かく感じました。 北風が吹いてないのと、湿度が高めなのが関係してるのかもしれません。

ただし緯度が高いので冬の日はとても短く、日差しもつよいのでやはり観光するなら夏がよさそうだなと思いました。

風が強く天気は変わりやすいので、朝快晴で昼過ぎ雨とかよくありました。 雨具や滑りにくい靴、風が入らない服があるとベターだと思います。

治安

ヨーロッパの中では良い方と聞いてた通りだったと思います。

貴重品を机の上に置かないとか、スマホ弄りに集中しないとか、海外旅行の基本的な心得を守ればトラブルなく過ごせるはず。

交通

地下鉄もバスも便利です。どちらも遅くまで(一部のバスは24時間)営業してるので、タクシーに頼ることはありませんでした。 注意点としては、地下鉄は週末に不定期な運休があったり、バスは渋滞に巻き込まれやすいことくらいです。

また、oyster cardと呼ばれるロンドン版suicaでの支払いが安くて便利です。 これにtravel cardという乗り放題サービスを付加するとバス乗り放題、地下鉄も指定区間まで乗り放題で観光にはもってこいです。

travel cardには地下鉄の乗り放題区間の選択(zone1~zone6までのいずれか)、期間の選択(1日, 7日, 1ヶ月, 1年)があります。 通常の市内観光であればzone2まで乗り放題のもので7日間乗り放題のプランを選ぶと良いと思います。

逆にoyster cardとtravel cardを使わない場合だと、ピーク時/非ピーク時の料金計算が複雑だったり、乗り越しの場合は罰金となったり、バス料金が高くなったり、など色々面倒です。

1日travel cardつきoyster card(またはoyster cardのみ)であれば自動券売機、7日以上のtravel card機能付きoyster cardは窓口で買えます。 top up(suicaでいうところのチャージ)も自動券売機で可能です。

あとはcitymapperというルート案内サービスが超絶便利でした。

バスと地下鉄を組み合わせた最短ルートを提示してくれるので、travel cardととても相性がよいです。 iPhoneアプリ版もあってこれも便利です。

観光

当初はフランス行こうとかロンドン郊外行こうとか色々話してましたが、結局ロンドン市内の観光だけでも十分満足できました。

ロンドン塔やロンドンアイは入場料がとても高く感じたので、大英博物館やテートモダンなどの入場無料のところが安上がりだけど見所が多くておすすめです。

バッキンガム宮殿の衛兵交代は以下のページでスケジュール確認をした方がよいです。 結構長時間待って寒かったので、冬なら懐炉を持ってくといいかなと思います。

ちなみにロンドンオリンピックの影響で、接客の質が良くなってるそうです。 英語が上手じゃなくてもなんとかなったのは多分このおかげ。

あとsherlockのロケ地にもそこそこ観光客がいたので、どの国でも聖地巡礼文化があるんだな…とちょっと感慨深かったです。

ごはん

昔「イギリスはおいしい」という本を読んだことがあったので、イギリスの食事はそのイメージだったんですが、近年の食事事情は異なっているのか不味い物に当たることはありませんでした。

とりあえず、カフェ形式のチェーン店であれば間違いないと思います。 町中ではpret a manger(プレタマンジェ)とwasabi(テイクアウト寿司)をよく見かけるので利用しやすそうでした。

日本やアメリカでよく見かけるようなファストフード店は意外と少なく、subwayが多くて次点でマクドナルドといった感じ。

ただし、飲み物のほとんどが不味かった! 日本で売ってるような清涼飲料水もなんか薄いし、インスタントコーヒーは変な甘さがあるし、見たことないやつは形容しがたい味のものも多かったです。

やっぱり紅茶が一番。ティーバッグのものも安くておいしいです。

買い物

コンビニはありませんが、それに近い感じで大小さまざまなスーパーが至る所にあるので飲食物などを買うのは困らないと思います。 Tesco、Sainsbury's、Marks&Spencerなどは市内で良く見かけます。 ただしアメリカのスーパーほどの面白さはなく、日本に近い感じ(※個人の感想)ですが、PB商品の紅茶などが安く買えて普通に便利です。

お土産を買うならピカデリーサーカスやウエストミンスター、ロンドン塔、大英博物館あたりの大規模な観光地が良いと思います。 ばらまき用の食べ物系土産ならヒースローの免税店でもたくさん売ってます。

普通にショッピングするならオックスフォード通りがおすすめ。

テレビ

行ったときにちょうどsherlock s3のe1とe2の放送が重なってたので運が良かった!

だいたいどのチャンネルも映画、ニュース、ドラマが大部分を占めてたと思います。 バラエティは視聴者参加型のものが多かった気がする。

深夜になるとエロチャンネルが解禁されて、全裸の女性が一晩中くねくねしてます。 日本とは違った意味で大丈夫か心配になりました。

感想

色々刺激を受けたので、定期的に海外旅行したいです。 次はもっと英語を勉強してから行きたい。

広告を非表示にする