1812jでdyndnsを使ったDDNSの設定

最近ネットワークいじりたい欲が強いのでまたciscoネタ。
設定項目は少ないのでらくちんです。

DDNSの設定

DDNSの更新方法を指定します。
dyndnsのところは名前を適宜変更すること。
usernamepasswordにはそれぞれdyndnsのユーザ名・パスワード名を入れます。
<h>と<a>はホスト名とIPアドレスプレースホルダです。
ちなみに、URL中の?は^vでエスケープできます。

(config)#ip ddns update method dyndns
(DDNS-update-method)#HTTP
(DDNS-HTTP)#add http://username:password@members.dyndns.org/nic/update?system=dyndns&hostname=<h>&myip=<a>
(DDNS-HTTP)#exit
(DDNS-update-method)#interval maximum 7 0 0 0

インターフェースへの適用

自分の環境ではPPPoEを使っているため、Di0が外向けのインターフェースです。
そこに先ほど設定したDDNSの更新方法を適用します。
ホスト名のhoge.dyndns.infoはdyndnsで取得したホスト名を入れてください。

(config)#int Di0
(config-if)#ip ddns update hostname hoge.dyndns.info
(config-if)#ip ddns update dyndns

適用されてるか確認

reloadした後、dyndnsのhostページで更新されてることを確認すれば完了。
ちょっと反映に時間がかかりました。

まとめ

これで外からでもVPNしやすくなりますな!
目下の課題は、VPN中にLAN内のDNSサーバが優先されてなさそうってことと、VPNクライアントから1812jに入れないこと。
とりあえず飽きるまでいじります。

広告を非表示にする